【作品】
shigarami

【STORY】
『あの日からずっと柵に囚われていた。』

争いはどうして起こるのだろう。

「そうに決まっている、そうに違いない。」

自らの善の名の下に、根拠のない先入観で略奪し、我が物顔で正当化する。
善悪なんて人間の主観でしかないのに。

人は柵に囚われ、過去に縋る生き物だ。

それらを断ち切ってはじめて、
人は主観的善悪を抱えたままだとしても、未来を見据えられるだろう。

Recently viewed